かなはし水産トップ > レシピ・カニ辞典 > カニ料理・魚介料理のレシピ一覧 > 07. 内子・外子の調理方法

カニ料理・魚介料理のレシピご紹介

当店が取り扱うカニをはじめとする魚介類を、ご家庭でおいしく食べていただくための料理方法をご紹介!

07. 内子・外子の調理方法

たらば蟹のメスは卵を抱いています。卵は2種類あり、お腹の外側に付いているのが【外子】、体内に入っているのが【内子】です。加工された物は珍味として大変高価です。

商品番号202番の【子持】本たらば蟹はかまパック【急速冷凍】は、必ず自然解凍後、下記の手順にてお召し上がり下さい。

活(生)の状態からの調理方法

【内子】
蟹の甲羅を外すと、中にある紫色のもの。
・内子の塩漬
紫の内子を取り出して、サラシ又はガーゼなどで内子を包みます。上下を塩でサンドイッチにして、重石を乗せ8時間ほど置きます。サラシの中の内子がジャム状になっていたら出来上がりです。あつあつのご飯やお酒の肴としてお召し上がりください。(加工品は大変高価です。)
・内子の醤油漬(塩分控えめ)
取り出した内子を水道水で洗い、ペーパータオルをひいたザルに並べ、しっかりと水気をとります。フタ付容器に内子を入れて、醤油をひたひたに位に入れ、時々カクハンしながら冷蔵庫で1~2日置きます。ペーパータオルをひいたザルに並べ、しっかりと醤油をきったら出来上がり!冷蔵で7~10日、冷凍で3~ 5ヶ月間は日持ちします。(水切り、醤油切りを怠ると日持ちしません)
【外子】
ふんどし(腹部)についている粒状の子。
・外子の醤油漬
ふんどしとつながっている部分を房ごと切り離し、軽く塩もみをして洗います。薄口醤油で一晩漬け込んで出来上がりです。(お好みで酒、味の素など少々)あついご飯やお酒の肴としてお召し上がりください。(加工品は大変高価です。)

浜茹で(ボイル)の状態からの調理方法

【内子】
甲羅を外すと、中にあるオレンジ色のもの。何といってもそのまま召し上がるのが一番です。ふんどしの身(蟹の腹部・丸い部分の殻と薄皮の間にあります)も、足の身とは食感が違い大変美味ですので、捨てずに食べてください。
【外子】
ふんどし(腹部)についている粒状の子。そのままでも良し、酢醤油、わさび醤油などでお召し上がりください。

> 本たらばがにの商品一覧を見る

各種お支払い方法が可能です。

  • 代金引換
  • 銀行振込
  • ジャパンネット銀行
  • VISA
  • マスター
  • JCB
  • ダイナース
  • Cedyna OMC CFCard
  • イオンカード
  • NICOS
  • JACCS
  • サークルKサンクス
  • Daily YAMAZAKI
  • ミニストップ
  • ファミリーマート
  • セイコーマート
  • ローソン
  • セブン-イレブン
金橋水産株式会社
  • 〒084-0917 北海道釧路市大楽毛248番地の11
  • TEL:0154-57-4316 FAX:0154-57-3875
  • ご注文専用フリーダイヤル:0120-28-9461(カニハクシロイチ)
  •  
  • E-MAIL:kani@kanahashi.co.jp